口癖で有名になったMr.ふぉるてってどんなバンド?プロフィールや新曲、ブレイクの理由も併せてご紹介します。

口癖で有名になったMr.ふぉるてってどんなバンド?プロフィールや新曲、ブレイクの理由も併せてご紹介します。

 

音楽が大好きでバンド経験もある円野まど(@maaemon)です。

皆さんは「Mr.ふぉるて」というバンドを知っていますか?

去年、おすすめの動画で偶然発見したまだメジャーデビュー前のバンドです。

おそらく今年か来年中には絶対ブレイクすると思うので、今日はいち早くみなさんにご紹介しますね。

Mr.ふぉるてのプロフィール

出展元 http://mr-forte.com/

写真左から、福岡樹・ 稲生司・阿坂亮平・ 吉河波音。

男性3名、女性1名の計4名で構成される日本のロックバンドです。

メンバーは東京在住。年齢は18~20才です(2019年現在)。

名前担当Twitter /Instagram
稲生司Vo/Gt@forte_Tsukasa_   / tsukasaforte
吉河波音Dr@hanon__y
阿坂亮平Gt@asakasakana115
福岡樹Ba@itsuki_0305
参考 Mr.ふぉるて公式

Mr.ふぉるてにまつわるエピソード

 

初投稿動画「口癖」がSNSで拡散されてじわじわ人気に・・・!

自主制作MVは3ヵ月で8万PVを突破。

そこから中高生を中心にTwitterなどのSNSの口コミで人気が拡がりました。

2018年の時点でチャンネル登録数は1万を突破。口癖の再生回数は70万回以上になりました。

有名配信者にくらべれば少ない数字に見えるかもしれません。

しかし2019年4月現在Mr.ふぉるてはまだメジャーデビュー前。何のプロデュースも受けない状態でこれだけの支持を獲得できることに、ブレイク必至のポテンシャルを感じずにはいられません。

まど

動画撮影時はみんな高校生でした

ライブ活動開始後、すぐに完売が続くように!

Mr.ふぉるてのLIVE限定CDが完売し、入手困難になると同時にグッズの完売も相次ぎます。

また「口癖」以降、動画投稿がなかったことを惜しむ声もSNSで続々あがりました。

Mr.ふぉるての新作「あの頃のラヴソングは捨てて」のMVを手がけたのはなんと加藤マニ!

2019年3月22日、ちょうど1年の空白期間を経て、Mr.ふぉるて二回目のMVが投稿されました。

曲名は「あの頃のラヴソングは捨てて」、そしてMV製作はなんとあの加藤マニ氏。

加藤マニ

MVディレクター。2014年と2015年「SPACE SHOWER TV MUSIC VIDEO AWARD」のBEST VIDEOを2年連続で受賞。年間80本以上のMV製作を手がけたこともあり、非常に多作・敏腕で知られてる。

参考 加藤マニ製作MVキュウソネコカミ「ビビった」

名だたるアーティストのMVを手がけた加藤氏が携わっていることに驚きました。

Mr.ふぉるてが音楽シーンの中で存在感を増していくのを感じますね。

ちなみに新作「あの頃のラヴソングは捨てて」は新宿タワーレコード限定シングルになります!

限定販売の多いMr.ふぉるてですが、配信限定の楽曲もあります。Amazon Music Unlimitedにてぜひチェックしてみてくださいね。

まど

買えないひとはMVを千回聴こう(* ´ ▽ ` *)

Mr.ふぉるてのこれから

最後に私の個人的な感想をすこし書きます。

口癖を聴いて、Mr.ふぉるてのTwitterアカウントを確認したんです。

プロフィール欄には「9年後でかいフェスの大トリを受け持つバンドです。 」と書かれていました。

それを見て、Mr.ふぉるては絶対ブレイクするって思いました。

目標に対して意志も行動も揃ってる人の言葉だなと感じたんですよね。

夢を見るんじゃなくてつかむタイプ。

自分もがんばろうってなります。

そういう気持ちになるのが、こういう良いバンドと出会って一番うれしいことです!

2019年3月、店舗限定シングル「あの頃のラヴソングは捨てて」と配信限定シングル「反撃」を同時リリース。

かつてない注目度の高まりをみせるMr.ふぉるて。

間違いなく、これからもっと多くの人に届くバンドだと太鼓判をおします。

ぜひ彼らを覚えておいてくださいね。

 

まど

まだまだ2年目ということでこれからが楽しみですね(* ´ ▽ ` *)ノ

筆者がYOWABI様に寄稿した、絶対にブレイクするおすすめ邦楽バンドをご紹介する記事です。

よろしければこちらもどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です